読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけのこのブログ

ITのこととかしたこととかイベントに行った話とか

オープンソースカンファレンス Tokyo 2015 Fall に参加してきた(LTなども)話

イベントに参加してきましたので久しぶりに記事を書きます

 

オープンソースカンファレンス(OSC Tokyo 2015 Fall)というイベントに参加してきました、なんだかんだ過去にも3,4回参加したことがあってお世話になっているイベントです。

www.ospn.jp

 

 明星大学さんに場所を提供させてもらっているようですが、これがまた非常に遠く(多摩センター周辺?)一部の方からは秘境などと呼ばれていたりもします。

 

朝から開催しているのですが、私はお昼時に到着予定でしたので、お昼ごはんを求めて多摩センター駅周辺で一人で騒いでいたのですがそれはまた別のお話です。

 

そんなこんなで無事に会場入りしてとりあえずスタンプを集めると豪華景品(OSCグッズ)がもらえるというスタンプラリーをこなしつつ、ブースを一通りめぐって私の知っている方々に挨拶をするなどしました。

 

その後とりあえず初心者向けらしいHTML5のセミナーに参加してみたりもしました

 

そんなこんなでブースをかなりぐるぐる(5周ぐらい)したところでLTの準備のためにほとんど人のいない食堂でスライドを見返すなどしました。

 

LTというのは

ライトニングトーク - Wikipedia

を参考にしていただけると分かると思うのですが

ライトニングトーク(英: Lightning Talks)とはカンファレンスやフォーラムなどで行われる短いプレゼンテーションのこと。様々な形式があるが、持ち時間が5分という制約が広く共有されている。

というようなものです。

 

大した事をしたわけでもないのにLTに立候補してしまったのでかなり反省しています。

 

順番は発表前に司会者から知らされましたが最後から二番目でした。

これもまた結構つらかったです。

 

そんなこんなで自分の順番が回ってきてLTさせてもらいました。

過去何回か他人のLTを見たことはありましたが、私にとっては人生初のLT経験でした

今回発表したのは上のスライドになります、大したことは書いていない内容の薄いものですのでウケなかったら自決まで考えていましたが、会場の反応から見るにそれなりに楽しんでいただけたのかと思っているのでひとまずほっとしています。
 
LTが終わり片づけをしている時や、電車が全く来ない秘境の駅で電車を待っている時などに声をかけられて面白かったですなどと言われたのは非常に励みになりました。このような雰囲気の良いイベントで非常に参加してよかったなという実感があります。
 
誰でもできるようなこんなどうしようもない発表でも受け入れてくださるような環境ですのでLTやってみたいけど怖いな...という人もLT挑戦してみてはいかがでしょうか?自分が思ったよりも何とかなるものです(?)

 

イベント終了後、東海道らぐ というコミュニティのしまださんとはしもとさんに連れられ僕と大阪から来たというれいんくんとプラス一人(ほたはろりこんさん)を加え、計五人で橋本駅前の松屋に行きごちそうしていただきましたありがとうございます。

松屋ではご一緒できませんでしたが、松屋の人と呼ばれているおかのさんにもお世話になりましたのでこちらでお礼をさせていただきます。ありがとうございました。

 

 

みなさんもオープンソースカンファレンスに参加してみてはいかがでしょうか?

定期的に各地で行われているよう(徳山とか)ですので気になった方は調べてみてください!